インタラクティブ・ラーニングで進化する教室

教室にモビリティをもたらします

先生が教室内を歩き回ると、生徒のパフォーマンスが向上します。モバイル技術の進化に伴い、学校のIT担当者や先生は、モビリティが改善したことによるメリットを実感しています。

スクリーンビーム・ワイヤレスディスプレイ製品は教室のアジリティを高めます。先生が教室内を歩き回り、生徒とやり取りをし、教室内の動きを見てすぐに対応することで生徒の集中力を持続させることができます。

Click Here to read the case study on Facilitating Student-Centered Learning

1:1 Ratio Classrooms 生徒一人にPC一台を

先生と生徒一人一人にPC一台を使用してスクリーンビーム製品を使用することで、先生はインタラクティブなオンラインのコンテンツをメインのカリキュラムに追加して、授業を自由にカスタマイズすることができるようになります。

教室にアジリティとコントロールをもたらすスクリーンビームClassroom Commanderをお使いいただきますと、先生が生徒の画面にワイヤレスにアクセスし、リアルタイムでモニタリングをすることができます。またネットワークに負荷をかけることなくワイヤレスインキング機能をご利用いただけます。

2018年の教育業界にとってのIT技術の変化トップ6

学習効果を高めるために学校がIT化を進める際に常に求められるのが、技術を授業に取り入れることにより生徒の理解度を深めることです。

さらに詳しく

個別学習

教育工学の進歩に伴い、先生は生徒一人一人に合った学習機会を創出することができる環境が整いつつあります。

ブレンド型学習

従来の対面型の授業とモバイル学習などのテクノロジーを組み合わせることで、生徒は自分のペースで学習を進めることができます。

適応学習

適応学習技術により、生徒の理解度を分析して教材や評価を瞬時に調整することができます。

生徒による主体的な学習

タッチ機能を使用する最新の学習デバイスやワイヤレスディスプレイを組み合わせて使用することで、21世紀の生徒による主体的な学習が次のステージに移行しています。

ゲーミフィケーション

ビデオゲームや戦略ゲームなどでメダル獲得やレベルアップ、レベルダウンなどゲームの要素を授業に適用することで、生徒の学習意欲を高める手法です。

クラウドテクノロジーの活用

適応学習技術により、生徒の理解度を分析して教材や評価を瞬時に調整することができます。

学習データと分析

生徒のデータを回収、解析することにより、適応学習技術がそうであるように学習経験を自動的に個別化する際に利用することができます。

PC/タブレット一人一台を導入する学校が増えています

先生がフレキシブルにインタラクティブなオンラインコンテンツやデジタル教材を使ってメインのカリキュラムを拡充させ、より一人一人に合った授業を行うことができます。

動画

Nothing to show

お使いいただくメリット

IT担当者に配慮したデバイス管理のしやすさ

学校など教育機関へのワイヤレスディスプレイの導入には注意が必要です。スクリーンビーム製品は特別に設計、検証し、アクションテック製品は、IT担当者が必要とする操作性とフレキシビリティを実現しています。IT担当者によるセキュリティ設定やアクセスポリシーの管理、設置、混雑した無線周波数環境におけるトラブルシューティングを考慮し、他社のワイヤレスディスプレイ製品にはない機能が充実しています。またCMSを使用すると、複数の会議室、教室、建物やロケーションに配備したスクリーンビーム受信機を一元的に管理することができます。また、管理画面を使用して小規模配備をマネジメントすることもできます。

コスト削減

スクリーンビームのワイヤレスディスプレイがあれば、壁にケーブルを這わせたりする手間やコストを削減することができます。またケーブルの交換などのメンテナンスコストも削減できます。

WiFiネットワーク不要

スクリーンビーム製品はパソコン、タブレット、モバイル機器との間を1対1でダイレクトに接続します。通信負荷の高い動画をWiFiとは異なる無線規格を使いますので、WiFiの帯域負荷を緩和することができます。従来、動画のフリーズやクラッシュ、表示遅延や動画の途切れなどを解消し、効率的な運用ができます。

お使いの機器との互換性

Wi-Fi Miracastスタンダードに対応しているAndroid製品(バージョン4.2以降)用に最適化されています。非Miracast対応機器には、スクリーンビームTransmitter2とWindows7および8用のソフトウェアをご用意しています。新しいScreenBeamはMacOS(ベータ版)に対応しています。詳細はScreenBeam販売代理店へお問い合わせください。

ワイヤレスディスプレイの業界標準

Actiontecはマイクロソフト社のトップ開発パートナーとして、Windows 8.1および10 OSへの標準機能としてMiracastを実装しました。Actiontecのスクリーンビーム製品はマイクロソフト、インテル、大手パソコンメーカー、パソコン周辺機器メーカーなどでMiracast無線機能検証用のプラットフォームとして使用されています。スクリーンビームシリーズはWindows10 Continuumの公式開発パートナーデバイスとして、マイクロソフト社の本社会議室1,600室で現在使用されています。

業界トップメーカーとして産業機器メーカーを継続的に支援しているActiontecは互換性が高く、多機能なワイヤレスディスプレイプラットフォームをお届けします。

ご購入に関するお問合せ

企業や学校のワイヤレス化をお手伝いします
Share This