Select Page

非接触型ワイヤレスディスプレイと会議ソリューションを1つのソリューションで導入できます。

受賞歴のあるScreenBeamソリューションは、他では得られない、完全にアプリケーション不要な非接触型のワイヤレスプレゼンテーションであり、ミーティングスペースや教室に変革をもたらします。あらゆるミーティングスペースやUCシステムに簡単に統合できます。
お問い合わせ

ScreenBeamの優れた特徴

ネイティブなワイヤレス接続により、Windows、Android、iOS、macOS、またはChromebook搭載のデバイスで、シームレスなワイヤレスプロジェクションを実現します。

100%アプリケーション不要であり、ドングル、ボタン、リモートコントロール、スイッチなどの接触点を完全になくすことができます。あらゆるユーザーデバイスで、標準ベースのワイヤレス接続が可能になります。

3つの物理ネットワークインターフェイスを備えたマルチネットワークアーキテクチャにより、セキュリティを損なうことなく、従業員とゲストのデバイスを接続します。

ScreenBeamをUCシステムに統合することで、ワイヤレスディスプレイとUC会議が一体となったコラボレーションが実現します。

マルチユーザー、ロールベースのアクセス機能が各受信機に搭載されており、受信機を一元的に監視・管理できます。

ネットワーク証明書ベースのセキュリティ要件への準拠、AES128暗号化によるコンテンツのセキュリティ、カスタマイズ可能なPINペアリングという、3つのレベルのセキュリティが確保されています。

動画を見る:ScreenBeam 1100 Plusの概要

ScreenBeam 1100 Plusの概要と、各種のデバイスからの接続方法、主な機能を紹介しています。

K12

ワイヤレスディスプレイにより、機動性に優れた教育環境が実現します。教師は教室内を自由に移動して生徒とやりとりし、生徒は発表や情報の共有を効果的に行えるようになります。

高等教育

標準ベースのワイヤレスプレゼンテーションを導入すれば、接触の必要がなくなり、機動性の高い学習環境、カンファレンスルーム、役員会議室を運用できるため、安全に学校を再開できるようになります。

ビジネス

ソーシャルディスタンスが求められる時代にあって、ワイヤレスでの非接触型の画面共有を導入すれば、安全なミーティングスペースを確立できます。標準ベースのソリューションにより、アプリケーション、ケーブル、ドングルが不要になり、従業員の安全とコラボレーションが確保されます。

導入企業

What’s New

Webcastを見る:ミーティングスペースに非接触型技術を導入し、従業員の安全なコラボレーションを実現

ScreenBeam 1100 Plusワイヤレスプレゼンテーションにより、施設管理チーム、AV/ITチームは、従業員による安全なグループコラボレーション環境を構築し、ミーティングスペースに非接触型技術を導入できます。また、自社の安全ポリシーを効果的に周知させる手段も得られます。

ScreenBeamワイヤレスディスプレイによってUCエクスペリエンスを向上させる方法

UCシステム(Microsoft Teams RoomやZoom Roomなどのアプライアンス)にScreenBeamを統合することで、1つのコラボレーションエクスペリエンスが実現します。室内の参加者はワイヤレスディスプレイのモバイル機能、コラボレーション機能を利用でき、リモートの参加者は共有コンテンツや動画のフィードを見ることができます。

Share This