Select Page

website maker

企業におけるワイヤレスディスプレイの活用

ScreenBeamワイヤレスディスプレイは、ミーティングスペースや教室でのコンテンツ共有を容易にします。またソーシャルディスタンスを実践し、接触の機会を減らすためにも有効です。

ワイヤレスディスプレイとは

ワイヤレスディスプレイ技術により、会議室や教室でのコンテンツ共有が容易になります。プレゼンテーションを中心にした、スムーズなコラボレーションが確立されます。またワイヤレス接続によって、発表者は室内を自由に動き回って、参加者とのより自然なコンタクトやコラボレーションが行えます。

Miracastとは

1つの画面上のコンテンツを別の画面やプロジェクターとワイヤレスで共有するうえで、不可欠な技術がMiracastです。企業や学校における業務用途での導入には、大規模なWi-Fi接続にも対応できる、優れた接続品質と信頼性を備えたMiracastが不可欠です。

ワイヤレスコラボレーションとは

ワイヤレスコラボレーションとは、2人以上の人が共同作業を行い、ワイヤレス技術を用いて大型ディスプレイでコンテンツを提示・共有するプロセスのことです。ワイヤレスコラボレーションにより、コンテンツの共有が容易になり、生産性が向上し、主体的参加が促進されます。

ワイヤレスプレゼンテーションとは

ワイヤレスディスプレイとワイヤレスプレゼンテーションディスプレイは区別せずに使われることも多いですが、同じものなのでしょうか。ほぼ同じであると言えます。ワイヤレスディスプレイは、ユーザーデバイスの画面をルームディスプレイにワイヤレスでミラーリングするための技術規格を意味します。一方ワイヤレスプレゼンテーション(ワイヤレスプレゼンテーションソリューション(WPS))は、ミーティングスペースや教室でのワイヤレスな共有を可能にするハードウェア製品を指します。 
注目の製品

ScreenBeam 1100 Plus

 
従来にない低価格で実現した、企業向けの柔軟なワイヤレスプレゼンテーション/コラボレーションソリューションです。アプリケーションを使わずに、あらゆるデバイスからワイヤレスプレゼンテーションができます。室内のディスプレイ上でコンテンツをワイヤレスでマークアップできるため、スムーズなワークフローが実現します。IT管理者は、完全なネットワーク分離を行いながら、従業員とゲストのデバイスを同時に接続できます。HTMLベースのデジタルサイネージとHDMIスイッチが内蔵されているため、設備投資コストを削減できます。

使用事例

ビジネス

従業員の安全を確保するには、ミーティングスペースの変革が不可欠です。非接触型のScreenBeamワイヤレスプレゼンテーションにより、ミーティングスペースでのコンテンツ共有が容易になります。またソーシャルディスタンスを実践し、接触の機会を減らすうえでも効果があります。アプリケーションやドングルが不要であるため、発表者は室内を自由に動き回って、参加者とのより自然なコンタクトやコラボレーションが行えます。会議を時間どおりに開始し、タッチディスプレイを使ってチームがコラボレーションすることで、生産性が向上します。ディスプレイを使用していないときには、内蔵のデジタルサイネージを従業員の情報ハブとして利用できます。

高等教育

各国の高等教育機関では、このソーシャルディスタンスの時代に、もう一度教室に戻る方法を検討しています。ScreenBeamは大学向けに、機動性の高い学習環境、カンファレンスルーム、役員会議室を運用できる、ワイヤレスプレゼンテーションソリューションを提供しています。これは、ソーシャルディスタンスを実践し、接触の機会を減らすうえでも効果があります。この非接触型のソリューションにより、ソースデバイスとルームディスプレイまたはプロジェクターとの間で、標準ベースのワイヤレス接続が確立されます。教師は室内を自由に移動でき、またソーシャルディスタンスを確保しやすくなります。

K12教育機関

最新型の教室では、ワイヤレス画面ミラーリングが不可欠です。それが柔軟な教育環境の構築を促し、先生は教室内を自由に移動しながら、テクノロジーを活用して生徒とつながり、深いコラボレーションを行えるようになります。それによってテクノロジー関連投資のROIが向上し、生徒の主体的参加が促進されます。この非接触型のソリューションにより、ソースデバイスとルームディスプレイまたはプロジェクターとの間で、標準ベースのワイヤレス接続が確立されます。教師はソーシャルディスタンスを確保しやすくなります。必要があれば、学生の席を室外にまで広げて配置することもできます。

Share This