Select Page

ScreenBeam | セントラルマネジメントシステム(CMS)

ScreenBeam受信機を管理する時間とコストを削減します。

ScreenBeam CMS Enterpriseは、地理的に離れた場所や複数のネットワークに分散されているScreenBeam受信機にリモートにアクセスして簡単に管理できる強力なツールです。ScreenBeam CMS Enterpriseでは、受信機の状態の監視、セキュリティポリシーの適用、問題のトラブルシューティング、デバイスのリセット、受信機の更新などを行えます。

データシートをダウンロードする

紹介ビデオ

複数のサイトと管理者による受信機の監視と管理に対応

 

新しいロールベースのアクセスにより、権限レベルが異なる複数の管理者が同時にアクセスできます。スケーラブルなアーキテクチャーにより、管理者は大規模なデプロイメントを簡単に監視、管理できます。 またブラウザーベースのインターフェイスにより、重要なデータに簡単にアクセスできるため、ユーザーはScreenBeamを最大限に利用できます。

対応している商用受信機にScreenBeam CMSの永続ライセンスが付属しています。

複数のユーザーによるロールベースの受信機管理

ロールに基づいてアクセス権が管理されるため、複数の管理者がScreenBeam受信機を監視/管理することができます。ロールとして、すべての受信機を閲覧/管理できる「グローバル管理者」、一部の受信機を管理できる「サイト管理者」、受信機の閲覧だけでデバイスの管理・設定の変更は行えない「サイトモニター」が用意されています。

柔軟でスケーラブルなアーキテクチャー

新しいアーキテクチャーは、モノリシックなアプリケーションベースの設計と比べて柔軟性とスケーラビリティが向上しています。1つのシステム構成で最大5000台の受信機を管理でき、複数の受信機を地理的なグループに分けて構造化することが可能です。受信機と管理者は、複雑なネットワークインフラを介してお互いに通信できるだけでなく、パブリッククラウドサービスにもアクセスできます。

セキュリティと使い勝手が向上

各管理者は、自分専用の認証情報を使用してCMS Enterpriseにアクセスできます。各管理者は、Webブラウザーからホストサーバーの1つの管理用ポートにしかアクセスできません(このポートは必要に応じて設定可能)。そのため、受信機の管理者はRDPを使用してサーバーにアクセスする必要がありません。アプリケーションを起動することなく、スケジューリングされたタスクを実行できます。/p>

新しくなったユーザーインターフェイス

ユーザーインターフェイスのスタイルが一新され、重要なデータや管理機能に直感的にアクセスできるようになりました。問題発生箇所の概要がダッシュボードに素早く表示されるため、ScreenBeamの可用性を最大限高めることができます。ナビゲーションメニューから、受信機を管理するための主な機能に素早くアクセスできます。ボタンやメニューオプションが大きく表示されるため、どんなデバイスからでも受信機の管理が簡単に行えます。

CMS EnterpriseとCMSの特徴の比較

特徴 CMS Enterprise(1100 Plus/1100/1000に付属) CMS(960/750に付属)
プラットフォーム Webベース アプリケーションベース
ホスティング形態 セルフホステッド セルフホステッド
オペレーティングシステム Windows 10およびWindows Server 2019 Windows 10およびWindows Server 2019
管理インターフェイス Webブラウザー Windowsアプリケーション
複数の管理者の同時アクセス 対応(マルチユーザー) 非対応(シングルユーザー)
ロールベースのアクセス管理 グローバル管理者、サイト管理者、サイトモニター 非対応
ダッシュボード概要 デバイスおよびトラブルホットスポット 非対応
ScreenBeam受信機の数 最大5000 最大2500
サポートされているScreenBeam受信機 1000シリーズ 1000シリーズ、960、750
価格(表記のシステムに付属) 1000シリーズ 1000シリーズ、960、750

複数のユーザーによるロールベースの受信機管理

3つのレベルの管理者アクセス権が用意されているため、権限レベルをScreenBeam管理者ごとにカスタマイズできます。アクセス権は、CMS Enterpriseにおけるグループ化の単位であるサイトレベルで管理されます。

受信機の構造化と管理

CMS Enterpriseでは、サイト単位でグループ化して構造化することができます。サイトのネストがサポートされているため、受信機を柔軟に構造化/管理できます。

タスクとアクションのスケジューリング

タスクをスケジューリングすることで、繰り返し行うタスクを毎回同じ手順で自動的に実行できます。タイミングと反復回数を設定できるため、スケジューリングされた1つのタスクを必要な頻度で実行することができます。

大規模なシステム構成のプロビジョニング

CMS Enterpriseでは、大規模なシステム構築を簡素化するための2つのオプション(USB設定ファイルおよびDNSディスカバリ)が用意されています。CMSで生成されたUSB設定ファイルを使用すると、複数の受信機に同じ設定が適用されます。DNSディスカバリを使用すると、ScreenBeam受信機を電源とネットワークに接続したときにいずれかのDNSレコードによってScreenBeam受信機がCMSサーバーに接続されます。

Share This