Select Page

未来を見据えた高等教育ソリューション

教室に戻る準備をしていますか?

各国の高等教育機関では、このソーシャルディスタンスの時代に、もう一度教室に戻る方法を検討しています。ScreenBeamは大学向けに、機動性の高い学習環境、カンファレンスルーム、役員会議室を運用できる、ワイヤレスプレゼンテーションソリューションを提供しています。教師は室内を自由に移動でき、またソーシャルディスタンスを確保しやすくなります。必要があれば、学生の席を室外にまで広げて配置することもできます。このソリューションにより、ソースデバイスとルームディスプレイまたはプロジェクターとの間で、標準ベースのワイヤレス接続が確立されます。

ScreenBeamでは、どのようなインフラストラクチャーであっても、ケーブル、ボタン、アダプター、ドングルは不要です。それにより、どこにでも簡単にデプロイし、管理、利用できる、ゼロタッチの画面ミラーリングが可能になっています。

ワイヤレス画面ミラーリングのための非接触型ソリューション

ScreenBeamワイヤレスディスプレイは、ソーシャルディスタンスを実践し、接触の機会を減らすのに役立ちます。また機動性の高い学習環境が実現するため、主体的参加とコラボレーションが促され、将来にわたるメリットが得られます。

従来の演台が不要に

旧型のコンピューターをモバイルデバイスに置き換えれば、教師は講堂の中を自由に移動しながら、ワイヤレスでプレゼンテーションを行い、学生とやり取りできます。ワイヤレスプレゼンテーションなら簡単にソーシャルディスタンスを確保でき、またケーブルやアダプター、PCなど、消毒が行き届かない物を使わなくて済みます。

 

プラグとポート

プラグとポートがあるとBYOD(Bring-Your-Own-Device)環境には好都合ですが、教師も発表者も壁につながれた形になってしまい、テクノロジーを活用した教室であるとは言えません。デバイスを使うにしても、それに合うケーブルやアダプターが教室になければ、持参するしかありません。ScreenBeamでは、Windows、Apple、Android、Chromeデバイスの画面ミラーリング機能がサポートされているため、あらゆるOSデバイスを利用できます。

HDMIリングアダプターとドングル

最新のモバイル環境では、アダプターとドングルは機動性を制限するものであり、また消毒も必要になります。さらに言えば、アダプターやドングルは紛失や破損も多く、交換のためのコストが膨らむ可能性があります。一方ScreenBeamはワイヤレス接続であるため、物理的なコネクターは不要です。

ルームコントロールパネル

接触を減らしていこうとする中で、ルームコントロールパネルには問題があります。これを使用すると数多くのケーブルやドングルが必要になり、また人の動きが多いエリアができて、消毒も不十分になります。こうしたデバイスは、プログラミング、導入、デプロイ、アップデートのためのコストを伴います。ScreenBeamのネイティブのワイヤレスディスプレイでは、アプリケーション、ドングル、コントロールパネルを使わずに、室内のコラボレーションを実現できます。

アプリケ
ーション不要

ScreenBeamは、他のソリューションとは異なり、アプリケーションを使用せずともあらゆる主要OSプラットフォーム上でネイティブの画面ミラーリングを実現します。

拡張デ
スクトップ

WindowsとmacOSのユーザーは、複製画面モードと拡張画面モードのどちらでもワイヤレスディスプレイに接続できます。

ワイヤレ
スで自由に

室内を自由に動き回って、会議の参加者とのより自然なコンタクトやコラボレーションが行えます。

会議やクラスを
時間どおりに開始

会議やプレゼンテーションを始めるときに、ディスプレイコネクターを探し回ることがなくなります。

優れたエク
スペリエンス

デバイスとディスプレイとの間の遅延はほとんどなく、優れた閲覧エクスペリエンスを体感できます。YouTubeなどの動画を閲覧する際に特に実感できるはずです。

デジタ
ルサイネージ

内蔵のデジタルサイネージ機能を使って、学生とスタッフのための情報ハブを提供するなど、ディスプレイを最大限に活用することができます。

ワイヤレス
タッチ機能

Windows 10ユーザーは、Windows Inkとタッチディスプレイ機能を使用して、室内のタッチディスプレイからユーザーのデバイス上のコンテンツを操作できます。

シーム
レスに統合

HDMIやUSB経由で、ディスプレイ、プロジェクター、制御システム、SkypeRoomシステムを接続可能です。

ScreenBeam 1100 Plus

従来にない低価格で実現した、企業向けの柔軟なワイヤレスプレゼンテーション/コラボレーションソリューションです。アプリケーションを使わずに、あらゆるデバイスからワイヤレスプレゼンテーションができます。室内のディスプレイ上でコンテンツをワイヤレスでマークアップできるため、スムーズなワークフローが実現します。発表者とゲストのデバイスは、Miracast™、ローカルWi-Fiモード、ネットワークインフラストラクチャー接続など、複数の方法での接続が可能です。ワイヤレス機能がなく、またディスプレイを使用していないときに内蔵のデジタルサイネージ機能を使用できない旧型のデバイス向けに、HDMI入力に対応しています。設備投資コストの削減につながります。

複数のサイトと管理者による受信機の監視と管理に対応

 

新しいロールベースのアクセスにより、権限レベルが異なる複数の管理者が同時にアクセスできます。スケーラブルなアーキテクチャーにより、管理者は大規模なデプロイメントを簡単に監視、管理できます。 またブラウザーベースのインターフェイスにより、重要なデータに簡単にアクセスできるため、ユーザーはScreenBeamを最大限に利用できます。

1100 Plusおよび1000 EDU受信機には、ScreenBeam CMS永続ライセンスが無料で付属しています。

ワイヤレスディスプレイに関するMicrosoftの共同開発パートナー

 

ScreenBeamは、ワイヤレスディスプレイに関するMicrosoftの共同開発パートナーとして、Microsoft Office 365のワイヤレスエクスペリエンスを実現しています。Microsoft Windowsのエンジニアリングチームによってゴールドスタンダードとして認められたScreenBeamは、Microsoftや大手PC OEMメーカーによって、ワイヤレスディスプレイ機能の検証用プラットフォームとして採用されています。

高等教育のエクスペリエンスを変革

ホワイトペーパーをダウンロード: 大規模な企業環境におけるワイヤレスコラボレーション

企業のワイヤレスコラボレーションを円滑にするには、デプロイに伴う課題の解決が求められます。一般的に次のような課題が挙げられます。

  • 機密情報、デバイス、ネットワークのセキュリティを全社的に確保することが困難
  • ワイヤレス関係の予想外の問題が発生し、サービスレベル低下の原因となる
  • 選択したワイヤレスディスプレイソリューションが、一般的なプラットフォームでのデバイス接続に完全に対応していない

こうした一般的な問題を効果的に軽減する方法については、新しいホワイトペーパー「大規模な企業環境におけるワイヤレスコラボレーション」をご確認ください。ワイヤレスプレゼンテーションとコラボレーションを全社的に実現する方法がわかります。



Share This